日本第2四半期GDP【2016年4月期~6月期】

日本GDP年率換算2016年8月15日2

日本第2四半期GDP【2016年4月期~6月期】

[ 実質GDP ] :0.0%
 (前回数値:+0.5%  事前予想: +0.2%)

 

[ 年間換算 ]: +0.2%
 (前回数値: +1.9%  事前予想: +0.7%)
 ※ 前回数値:+2.0%へ上方修正

 ※ 年換算率=現在の経済状況が1年続く場合の数値

 

 

 

実質GDP内訳

・民間消費 +0.2%
・輸出   -1.5%
輸入   -0.1%
住宅投資 +5.0%
設備投資 -0.4%

 

 

日本GDPを検証

輸出と企業の設備投資はマイナス圏で推移し、民間消費も非常に弱い状況です。
一方で、住宅投資は日銀のマイナス金利政策により、銀行の融資金利が低下したため住宅市場は半年ぶりに+5.0へと上昇しています。

数値面からは日本経済の景気回復は見られない状況となります。
これは、消費者が今後さらに物価が下落すると思い、物の購入を先送りしながら購買時期の延期を促すため、物を売る側は価格を下げるため、最終的に企業収益・労働環境の悪化、企業の設備投資は減少し、低経済成長率、低インフレ率、景気下方スパイラルに陥ります。
現状の日本経済は依然として、デフレ経済であることになります。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す