日本全国消費者物価指数(CPI)【2月】

全国消費者物価指数2016年3月25日

日本消費者物価指数(CPI)【2月:前年比】

[ 食料・エネルギーを除く(コアコアCPI) ] (+)0.8%
(前回数値:+0.7%)
[ 生鮮食品を除く物価指数(コアCPI) ]    (+)0.0%
(前回数値:+0.0%)
[ 生鮮食品を含む総合物価指数(CPI)  ]  (+)0.3%
(前回数値:+0.0%)

 

 

消費者物価指数を検証

実生活に必要な食料品(生鮮食品を含む)は大きく値上がりしているため、CPIは 0.3% へ上昇し、家計の生活は食料品の上昇により圧迫されている状況下にあります。
この生活に必要な食料品価格の上昇が続き、所得から家計費が増加し家計を圧迫すると捉えることができます。

食料・エネルギーを除をいた、コアコアCPIは 0.8% へと上昇しましたが、1% 未満で 2015年8月から横ばいが続いていますので、消費者の購買意欲が拡大したと捉える段階までは遠いと捉える必要があります。 このコアコアCPIでも日本の実質所得が減少している現在では、所得減少時の厳しい物価上昇であり、個人消費は減少し続ける傾向が強まる可能性があります。

2016年2月15日に発表された、日本の実質GDPは マイナス0.4% 年間換算は マイナス1.4% と悪化していますので、GDPに大きな割合を占める個人消費が減少し、GDPの減速に影響を与えていル状況です。
これは、食品価格(7.7ポイント上昇)が上昇しているのに対して所得が横ばい(変化無し)のため、実質所得が低下していることに大きな原因があります。
(食費や娯楽への→時間と費用を→けずる→個人消費→低下→GDP→低下へ)

 

 

日本の消費者物価指数の特徴

日本では消費が低迷している状況に反比例して、製品/物の価格が上昇する傾向にあります。これは物を販売している企業側が製品や物の価格を値上げしているため、食料・エネルギーを除をいた、コアコアCPIが上昇しています。これは、物の購買が進む過程で消費が増加し企業側が生産や雇用を促進し、製品や物の価格を値上げする状況とは食い違い、日本では消費が低迷している状況下で物価が上昇しているため家計は圧迫され個人消費は減少し、GDPが減速している状態となります。
日本のGDPはマイナス成長と発表されていますので、日本の物価上昇と反比例して所得は減少していることを顕著に表しています。
(通常世界では→コアCPI→上昇→消費拡大による→物価上昇と捉えることができる→日本では所得減少/マイナスGDPから→企業側が→物の価格上昇させている側面が→強い)

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す