市場動向 2016年11月9日

%e7%b1%b3%e5%a4%a7%e7%b5%b1%e9%a0%98%e9%81%b8%e6%8c%992016%e5%b9%b411%e6%9c%889%e6%97%a52

市場動向

ドナルド・トランプ氏が大統領選に勝利しました。

前日までヒラリー・クリントン氏の勝利を織り込んでいた金融市場は、日本時間9時のトランプ氏有利の速報により東京市場では急激な下落が発生しましたが、金融市場では欧州市場から保有ポジションの調整が進み、米ドルを中心に戻しています。
日経平均株価は16250円まで900円以上下落しましたが先物市場で16900近くまで戻しています。

一方で、新興国通貨や資源通貨豪ドルは米ドル以上に下落し、戻しも米ドルほどではなく、今後の米経済政策への警戒感から不安定な状況が続いています。
新興国通貨や資源通貨豪ドルは下落幅に対して半値(下落幅に対して半分)戻しですが米ドルは80%以上戻しています。

米ドルはドナルド・トランプ氏の保守的ですが、財政拡大などの政策は米ドルの利益になる側面があるため、米ドルの下落は他の通貨よりも小さく戻しも速い状況です。

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す