国債の利回りの考え方(クラスA)

20140831Image:FreeDigitalPhotos.net

国債利回りの考え方

国債の利回りの考え方

(A)国債は満期まで保有すると、額面金額で償還(換金)されますので、国債が売られると額面より低い価格で国債を購入でき、額面と購入金額の差額が大きければ大きいほど、償還(換金)された時に利回り上昇します
※ 国債が売られると、購入金額の下落から表面金利と償還分(換金)の割合が上昇する(金融市場安定)
(金融市場→安定→国債→売却→国債価格→下落→利回り→上昇→国債の信用度とリスクの→度合いを知る尺度)

(B)逆に国債が買われると、額面金額と購入金額の差額が小さくなるため、償還(換金)された時に利回りが低下します ※ 国債が買われると、購入金額の上昇から表面金利と換金分の割合が低下する(金融市場不安定) (金融市場→不安定→国債→買われる→国債価格→上昇→利回り→低下→国債の信用度とリスクの→度合いを知る尺度)
(A)(B)から利回りを基準に金融市場のリスクの度合いを判断する材料となります

 

■国債購入時の価格が額面(固定された価格)より、高いか低いかで利回りは変動し、将来額面金額で償還(換金)されるため、需要と供給のバランスから、額面価格より安く買えば利回り(収益)は上昇し、高く買えば利回り(収益)は低下する

 

 

利回りの解説

(A)国債を満期まで保有すると、額面金額で償還(換金)されますので、国債が売られると額面より低い価格で国債を購入でき、額面と購入金額の差額が大きければ大きいほど、償還(換金)された時に利回り上昇します ※ 国債が売られると、購入金額の下落から表面金利と換金分の割合が上昇する (国債価格→下落→利回り→上昇→国債の信用度とリスクの→度合いを知る尺度)

(B)逆に国債が買われると、額面金額と購入金額の差額が小さくなるため、償還(換金)された時に利回りが低下します

※ 国債が買われると、購入金額の上昇から表面金利と換金分の割合が低下する (国債価格→上昇→利回り→低下→国債の信用度とリスクの→度合いを知る尺度 (A)・(B)から利回りを基準に国債が買われているか、売られているかを判断する材料となります

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す