原油価格上昇継続しリスク選好へ 2016年10月14日

oilwti2016%e5%b9%b410%e6%9c%8814%e6%97%a5

原油価格1バレル51ドル台へ上昇

原油価格は8月から上昇し、6月の51ドル台へと上昇が継続しています。
この、原油価格の上昇が意識され、リスク選好投資へとつながり、新興国通貨や資源通貨である豪ドルはゆるやかですが上昇する展開へと反映され、NYダウなど株式市場も上昇しています。

 

 

原油価格と投資心理

原油価格の大幅な下落は投資心理を後退させますので、為替市場でも投資心理が大きく低下し、投機的マネーの投資縮小を表しますので、今まで投資されていた資金が撤退することを意味しています。
通貨へ投資されていた円売り主要通貨買いの投機的マネーもポジションが解消され主要通貨売り円買いの展開が表れる場面が増えるとになります。
逆に、原油価格の上昇は投資選好心理となりますので、積極的な主要通貨買いや石油関連株を中心とした株式の上昇へつながります。
(原油価格→上昇→替市場→主要通貨→投資選好へ→積極的な→通貨買い/株式買い→豪ドル下落に影響する)

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す