南アフリカ消費者物価指数【2016年10月期】

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%89%e6%b6%88%e8%b2%bb%e8%80%85%e7%89%a9%e4%be%a1%e6%8c%87%e6%95%b02016%e5%b9%b411%e6%9c%8823%e6%97%a5

南アフリカ消費者物価指数【2016年10月期】

[ 全体ベース ]
 (+)6.4% (前回数値:+6.4%)

[ 食品・ガソリンを除く ]
 (+)5.8%

[ 食品・ガソリン・電気を除く ]
 (+)5.7%

 

 

物価上昇原因

  • 石油価格1ℓ、45セント上昇
  • 食料価格全体で、0.9%上昇
  • 野菜価格は、2.1%上昇(前年同期比:+14.8%)
  • 魚価格は、1.1%上昇(前年同期比:+9.7%)

 

 

ランドへの影響

金融市場では、高いインフレ率から現状の、7.0%の政策金利を維持すると予想しています。
日銀が長期金利(10年国債)の利回りをゼロ%程度で維持する「イールドカーブコントロール」を表明しており、円と主要通貨の金利格差は開き続けています。
この金利差は大きな魅力となるため、投資選考が進み、米ドルをはじめとしてランドや豪ドルなどは円に対して上昇する展開が続いています。

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す