南アフリカビジネスレター 2016年10月24日

%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%83%892016%e5%b9%b410%e6%9c%8824%e6%97%a5

成長する南アフリカ観光業

2014年10月に施行されたビザ申請は、生体識別情報を記録を必要とし南アフリカ大使館でビザを申請するために訪問を必要としました。
この2014年のビザルールは、観光産業にマイナスの影響があったため、昨年、南アフリカは、南アフリカ大使館で人にビザを申請するための訪問者のための要件を無くし、ビザ規則の一部を緩和しました。
これらのビザ申請緩和の変化は、観光客の数の増加をもたらしました。

海外からの観光客の数は同期間に22.6%増加し。3.5万人に達しました。
南アフリカを訪れる上位10ヶ国の国はイギリス、アメリカ、ドイツ、オランダ、フランス、中国、イタリア、オーストラリア、インド、スペインです。これら10カ国からの観光客が海外からの観光客の75,2%を占めました

 

 

ビジネス環境とランド

一見すると3.5万の観光客数は少ないように思えますが、22.6%増加し、南アフリカが市場開放へと進み、安全性やビジネス環境の拡大を優先していることになります。
ビジネスのためにアジア圏から南アフリカに来た観光者は、7.1%の割合とが最も高く、南アフリカに対するビジネスへの注目度が高くなっています。

南アフリカの評判は、日当たりの良い気候と豊かな文化的多様性は、旅行者のための望ましい目的地になります。さらに、自動車産業の下落した弱いランドが、南アフリカへの渡航を増加させています。
下落したランドは海外からの投資対象や観光地として、優位に働きますので、一定幅のランドの値動きは南アフリカの経済力を強める傾向があり、中長期的には南アフリカの経済成長に役立ちます。
その反面、ランド高は投資や観光対象としての魅力を低下させますが、観光者の増加やビジネス対象の増加は、現状南アフリカの経済成長から見ると現在の7.0%の政策金利とランドの値はランドには適切であると予想されます。

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す