中国GDP6.5%と人民元改革

人民元2015年11月5日

■中国が2016年~2020年までの経済成長率を年間平均6.5%以上必要としたうえで、今後も7%台の経済成長を維持することが可能であるとシグナルを表明をしました。(国家主席)
更に、現在1人当たりの所得7,800ドルを倍増させることもあわせて表明しています。
中国経済成長は 2011年の9.5% から低下を続けているため、この経済減速に対する目標として、今後5年間平均6.5%~7%以上で、7.0%前後の経済成長を維持することを目的としています。
中国経済成長拡大の方法の1つに、人民元改革がります。IMF(国際通貨基金)の(SDR)特別引出権への拠出を行うことがあげられます

 

 

■人民元改革
人民元の改革に関しては、IMF(国際通貨基金)の(SDR)特別引出権への人民元の採用を積極的に 「交換が可能で、自由に使える通貨とする」を目指すといしています。
人民元改革(SDRへの拠出)は海外からの投資をより増加させ、中国企業への投資を奨励しながら、外国投資を誘致。中国経済産業の持続可能な成長を促進するために役立ちます。

 

※ SDR(特別引出権)と引き換えに、加盟国間での自主的な交換取決めを通した自由利用可能通貨を入手することができる方法です。結果として中国人民元の世界的な自由な流動性を確保し中国への投資が活発化します。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す