中国経済動向

中国鉱工業生産2015年9月13日■中国鉱工業生産【8月】
 [ 前年比同月比 ] : +6.1%  評価:ややポジティブ
  (前回数値:+6.0%  事前予想:6.5%)
※ 前回数値を下回る結果となりました

 

■現在の中国鉱工業生産
2015年5月の5.6%から0.5%上昇していますが、年間を通したグラフで見ると非常に低い水準に位置しています。
一方で、2014年平均ベースと比較すると工業製品の国内および国際市場の需要は依然として弱く、中国工業生産の下向き圧力は依然として大​​きいと表明しています。

 

 

■ 中国固定資産投資(建設・設備投資)【8月】
[ 前年比同月比 ] : +10.9%  評価:ネガティブ
  (前回数値:+11.2%  事前予想:11.2%)

2000年の年間ベース(9.7%)以来の低い水準となりました。
これは、不動産投資や、上記の輸出が減少し、生産者物価の下落ペースも急速の低下する中で、工業生産と固定資産投資の低水準での伸び悩みは、設備投資(固定資産)への投資が低下傾向を続けていることになります。
(鉱工業生産→低下傾向→企業設備投資→抑える→固定資産投資投資→低下へ)

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す