中国第3四半期GDP【2016年7月期~9月期】

%e4%b8%ad%e5%9b%bd%e5%9b%9b%e5%8d%8a%e6%9c%9fgdp2016%e5%b9%b410%e6%9c%8819%e6%97%a5

中国第3四半期GDP【2016年7月期~9月期】

[ 前年比 ]  6.7%   評価:ニュートラル
(前回数値:6.7%  事前予想:6.7%)

※ 中国経済成長は、最近3年で低い水準で推移しています

 

[ 前期比 ]  1.8%   評価:ニュートラル
(前回数値:1.8%  事前予想:1.8%)

※ 前回数値は1.9%へ上方修正

 

 

 

経済成長の内容

安定した収入の増加、人々の生活は改善し続けました。第3四半期の実質所得の伸びは、6.3% 上昇し1人当たり所得増加が家計支出は、消費構造のグレードアップへと加速し続け、成長し続けています。
社会保障と着実な発展、社会保障と雇用、住宅建設の保護の分野において、家族計画と支出の一般的な増加が全体的に滑らかで、着実な進展、安定しており、予想以上に良い状態が経済成長へとつながっています。
都市部の雇用は第3四半期で予想を上回る 1067万人の雇用があり、この点からも家計の所得の増加から消費構造がグレードアップし、経済成長につながっています。
課題としては、鉱業/工業生産の減少から、国内小売などの消費への移行が見られ、世界からの生産需要は後退している状況下で、中国国内の消費が主に経済成長の柱になているため中国国内消費を牽引するために中国人民銀行(中央銀行)の金融刺激策に、依存している点が不安定要素としてとらえることが出来ます。

不動産と建設部門が合わせて約1%GDPを押し上げている現在、中国人民銀行(中央銀行)の金融刺激策が続く間は不動産価格は上昇し、不動産セクターと建設セクターは上昇しますが、過度な不動産セクターの上昇は危険の度合いを強める可能性が高まります

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す