中国第1四半期GDP【2016年4月期~6月期】

中国四半期GDP2016年7月15日

中国第1四半期GDP【2016年4月期~6月期】

[ 前年比 ]  6.7%   評価:ニュートラル
(前回数値:6.7%  事前予想:6.6%)

※ 中国経済成長は、最近3年で低い水準で推移しています

 

[ 前期比 ]  1.8%   評価:ポジティブ
(前回数値:1.1%  事前予想:1.6%)
※ 前回数値は1.2%へ上方修正

 

 

中国経済成長[ 前期比 ]

前年に対しては6.7%と低水準で推移していますが、[ 第1四半期 ]4月期~6月期の経済成長1.1%から1.8%へと最近3ヶ月で中国の経済は成長を続けています。

 

 

中国GDP成長の背景

予想を上回るGDPの結果は中国政府による大規模な景気刺激策であることを示唆しています。
金融市場では適切に需要が拡大し、中国人民銀行が金融緩和状態を維持し続けることで、成長を安定化させるために、よりインフラプロジェクトを促進する可能性があると指摘しています。

中国当局は、2016年~2020年までの経済成長率を年間平均6.5%以上必要としたうえで、今後も7%台の経済成長を維持することが可能であるとシグナルを表明しています。
中国経済成長は 2011年の9.5% から低下を続けているため、この経済減速に対する目標として、今後5年間平均6.5%~7%以上で、7.0%前後の経済成長を維持することを目的としています。
今回発表された結果は市中国政府が目標とする経済成長の予想範囲内となりましたので、中国経済に一定の安定感が現れています。これは中国の経済減速に対する警戒感をやわらぐ傾向が強まります。

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す