中国消費者物価指数(CPI・PPI) 【2016年4月期】

中国CPI2016年5月10日1

中国CPI(消費者物価指数)【4月期】

[ 前年比 ]  +2.3%  評価:ポジティブ
(前回数値: + 2.3%  事前予想:+2.3%)

 

 

生産者物価指数PPI【4月】

[ 前年比 ]  -3.4%  評価:ポジティブ
(前回数値: -4.3%  事前予想:-3.7%)

 

 

中国消費動向

中国CPI[ 前年比 ]は +2.3%上昇と前月から横ばいとなりました。
消費は顕著な数値で表れました。
野菜、肉を中心とした食料品の価格が上昇しており、日本を含めた先進国と比較すると中国の家計による生活必需品による消費は適度な数値安定しています。

中国の家計消費は旺盛である一方で、中国国内の製品製造の生産活動などによる消費は低下傾向にあります。

 

 

中国PPI

PPI(生産者物価指数)は、物を生産する生産側の製造に必要なエネルギー価格、加工費、原材料、製造設備など製造による原材料価格変動の視点でみた製品の価格となります。
PPI(生産者物価指数)は、過去6年間で最低水準である-5.9%から-3.4%へと、生産者物価指数(CPI)は改善傾向を示しています。

PPI(生産者物価指数)製品価格は依然としてマイナス圏数値ですので、製品に必要な原材料価格が大きく下落していることを示しおり、これは、製品製造が減速し需要と供給の原則から現在量価格が下落しているため、製品が売れていないことを意味しています。
(PPI→低下→現在量価格→下落→需要と供給の原則→製造が減速し→必要な原材料→需要減少→原材料価格→下落)

※ 製造製品に関わる経済動向は依然として低水準であることを意味し、中国国内の製品製造の生産活動による内需は低水準にあることになります

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す