中国株の動向 2016年1月6日

上海総合指数2016年1月6日

■上海総合指数(中国株の動向を表す代表的な指数)
中国当局は7月後半から、空売り規制、大株主や経営陣による株式の大量売却や株式売却禁止措置がなどの措置解禁間近や、中国製造業PMIの減速から中国株式は大きく下落をしました。

※ 中国株式:上海総合指数(中国株の動向を表す代表的な指数)
※ 大株主や経営陣による株式の大量売却や株式売却禁止は継続する方針との観測が浮上しています

■今後の注意点
金融市場では、主要株価への下落波及が争点となっています。
NYダウや日経平均株価などは、中国株式の下落により投資心理の低下し、下落しますので、この流れは最近まで買われていた主要通貨は売却され、円の買い戻しへとつながります。
上海総合指数は過去のチャートから上昇(戻し)と下落を繰り返しながら、中長期的に下向きの傾斜角度を維持しながら、下落の可能性があるため、当面下落余地を考慮する必要があると予想されます。

コメントを残す