マイナス金利の解説(クラスA)

マイナス金利Image:FreeDigitalPhotos.net

マイナス金利 初心者向け解説

■マイナス金利
各国の民間金融機関が中央銀行に預けている当座預金(準備預金)のうち、法定額を上回る部分に対する部分を預金金利と言います。
この、法定額を上回る部分に対する部分を預金に対して利息が付与されています。これを付利と呼びます。
一般的にこの預金金利の水準が、銀行間で資金を融通し合う際の金利の「下限」となりますので、マイナス金利が導入されると金融機関は、保有している資金を金利の高い国に回して利益をだそうとするため、政策金利意外にも当座預金の金利が引き下げられると、その国の通貨が売られやすくなります。

 

■マイナス金利は民間金融機関が中央銀行に法定額を上回る預金しても利息を得ることができなくなるため市中の民間企業や家計への資金融資して本来の金融業務で企業収益を獲得させる金融政策です。
この本来の融資業務が経済活動へとつながり欧州全体の経済成長へとつながることが期待されます。
(民間金融機関→中央銀行に→資金を預ける→金融機関は利息を得る→マイナス金利→中央銀行に預けると→逆に利息を払わなければならない→金融機関→民間企業・家計へ融資をして→本来の業務で収益得る→融資増加→経済成長へ)
(マイナス金利→経済成長へ→消費量→増加→企業の物の供給量→増加→企業収益→増加→雇用安定へ→消費が更に増加→消費者物価上昇→サイクル)

※ 金融機関は本来の貸し出し業務で収益を上げる
※ 金融機関だけが容易に利息を得る体質から経済成長をうながすアグレッシブな金融政策
※ 経済成長による消費者物価指数の上昇を誘導

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す