ビジネス投資(総資本支出)[前年比]

豪資本支出2015年11月27日

■豪第3四半期資本支出前年比
[ 総資本支出 ]   : -20.0%   評価:ネガティブ
[ 建物および建築物 ]: -23.6%   評価:ネガティブ
[ 機器、設備や機械 ]: -12.7%   評価:ネガティブ

 

■前年比の2015年資本支出は、2009年よりも減速しており、2011年~2012年から大幅に資本支出が減少しています。
前年比の数字はかなり厳しく企業サイド(ビジネス投資)が設備投資を本格化したという確証がなく、本当に残念な結果は資源産業(採掘)に限ったことではないことを示しています。
CAPEXが豪GDP(経済成長)の低下させる可能性が高くなりました。

CAPEX = 不動産の価値や耐久年数を延ばすための不動産や設備の拡張に使われる経費、修繕ではなく不動産や設備の価値を増加させ資産計上されます

 

■[ 前年比 ]の豪第3四半期資本支出は大幅悪化が続いていますが、これは企業サイド(ビジネス投資)の値ですので民間サイドの不動産市場投資(不動産購入)が、企業サイドの減速を補っている(offset)と予想されます
現在の豪経済は、企業サイドよりも、個人による不動産市場や小売産業、観光産業などへの資本移転が進み、特に個人購入による不動産市場が豪経済を牽引しています。(個人サイドであることに注意)
※ 住宅建設には多くの材料や雇用、家具、電化製品を必要とし、それに伴う流通や金融業にも影響を与えます

常に収益チャンスを狙っていける【トラップリピートイフダン】 の 判断基準に、当サイトのトレンドとサポートライン/レジスタンスラインを利用しよう
マネースクウェア・ジャパン
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す