インデクスファンドの説明

インデックスファンドの特徴

少額で世界の高いパフォーマンスへ投資
一般的にアクティブ運用のファンドと比べてイン デックス運用のファンドは、投資者がファンドの信託財産から間接的に負担する「運用管理費用(信託報酬)」 が低い傾向にあります。ファンドの組入 銘柄とベンチマーク採用銘柄の相違等の要因がありますが、ベンチマーク(連動を目指す対象指数)と一致した 値動きに連動して推移することを運用目指すため、値動きがわかりやすく、多くの銘柄を組み入れているためリスク分散される投資信託であることが特徴です。
例 えば、、SMT グローバル株式インデックス・オープンでは、各市場の時価総額の約85%をカバーし、個人資本では買えない、北米・オセアニア・欧州・中東などのパフォー マンスの高い大型株・中型株などに、毎月500円~1000円(証券会社でことなる)などの少額で投資しやすいことが特徴です。

 

低コスト

インターネット販売会社で買っても販売手数料がかかりません。必要な管理コスト(信託報酬)も低価格で、毎月少額の資金で世界中の資産に分散しながら積立投資できるのがインデックスファンドのの強みです。

 

リスクを分散

数百~千数百銘柄に対して投資されるので幅広い分散投資が、インデックスを構成する銘柄の全て、あるいは代表的な銘柄群を保有するので、より広い銘柄分散が可能になります。
これが、ユニークリスクを排除する大きな特徴となります。

 

インデックスファンドの説明2016年4月21日1

 

インデックスファンドの説明2016年4月21日2

 

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加します!
応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す