豪貿易収支【2017年10月期】

豪貿易収支【2017年10月期】

[ 結果 ]  
  +1.05億豪ドル   評価:ネガティブ
  (前回数値:+17.45億豪ドル  事前予想:+14.00億豪ドル)
  ※ 前回数値:16.04億豪ドルへ下方修正

 

 

キーポイント

  1. 輸出は 3% 減少、輸入は 2% 増加
  2. 鉄鉱石と石を含めた鉱物資源の輸出が大幅に減少
  3. 10月は9月と比較して、93%減速

輸出の減少は、鉄鉱石の輸出が 前月比:10% 減少の 79億豪ドルに落ち込み、石炭の輸出は 前月比:3%減少の 12億豪ドルまで減少したことが大きな要因となりました。

 

鉄鉱石・石炭の輸出量の減少

  1. 鉄鉱石価格・石炭価格の下落
  2. 中国では過剰な不動産建設に対して中国政府の取り組みが鉄鉱石の輸入量を減少させている側面が強く表れています。
    過剰な建設投資を抑制するために中国政府の取り組み強化が進むと更に資源消費と資源輸入は減少する可能性があると予想されます。
  3. 不動産投資は中国政府による投資規制対策で、5.4% へと大幅に下落しましたがインフラ投資は 6.8% へと成長していますが、鉄鉱石を膨大に使う不動産に対する投資規制はオーストラリアの鉄鉱石に対する需要を抑制していることが現れています。
    (不動産部門の販売数量は9月の5%減少に続き、10月は8%以上減少しています)

 

資源価格は鉄鉱石は64.55億豪ドル、石炭は4.94億豪ドル、LNG(液化天然ガス)は31.5億豪ドルへとそれぞれ低下しました。
量的に見ると鉄鉱石の輸出量は減少したが、石炭とLNGの輸出は増加しています。

資源部門で金の輸出が 27%(4億6,000万豪ドル)増加し、LNGの輸出量は 6% 増加しましたが、鉄鉱石輸出では価格が 10% 下落し、取引量が 8% 減少したことにより、金額ベースで 18% 減少し、鉄鉱石が貿易収支の低下要因となっています。

 

 

SBIFXトレード
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す