豪第4四半期経常収支【2016年10月期~12月期】

豪第4四半期経常収支【2016年10月期~12月期】

[ 結果 ]
  39億豪ドル  評価:ポジティブ
 (前回値:114億豪ドル  事前予想:40億豪ドル)
  ※ 前回数値:102億豪ドルへ上方修正

 

 

1979年以来最低の経常赤字

経常収支赤字は、第3四半期[ 2016年10月期~12月期 ]に対して海外からの収入と海外への支払い額の差が経常赤字は63%減の38億5000万豪ドルとなり、16年ぶりの最低水準(ポジティブ)となりました。
これは、オーストラリアのGDPの約0.9%にあたり、1979年以来の最低の赤字水準です。

主な要因は、石炭や鉄鉱石を中心とした商品価格の高騰により、輸入価格と比較して輸出価格が 9.1% 引き上げられたことによります。
これにより、オーストラリアの財・サービス取引の黒字は 49%(7億ドル)増加し、21億ドルに達しました。

金融市場では、1970年代半ば以来、2017年第1四半期[ 2017年1月期~3月期 ]にオーストラリアの経常収支は黒字に戻ると予測しています。
経常黒字化の条件として、LNG(液化天然ガス)生産から恩恵を受け続けなければならず、純輸出は今後2年間で予想される成長の半分以上を占める割合の輸出を達成する必要があります。

SBIFXトレード
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す