豪第2四半期GDP【2017年4月期~6月期】

豪第2四半期GDP【2017年4月期~6月期】

[ 前年比 ]
  +1.8%   評価:ニュートラル
  (前回数値:+1.7%  事前予想:+1.9%)
 ※ 前回数値:+1.8%へ上方修正

 

[ 前期比 ]
  +0.8%   評価:ポジティブ
  (前回数値:+0.3%  事前予想:+0.9%)

 

 

キーポイント

第2四半期月期の成長率は、2017年の第1四半期の 0.3% から大きく成長しました。
GDPの約60%を占める国内消費は家計消費 0.7% 増加により、経済成長にに寄与していますが、しかし、この個人支出は、家計貯蓄率の劇的な低下から生じたもので、3月の 5.3% から 4.6% に低下しています。
家計が貯蓄を使って消費にまわしているだけで賃金上昇などはみられないため、家計の貯蓄の減少に比例して今後の個人消費も減速する可能性があります。
住宅建設は 0.2% 上昇と過去数年間の上昇スピードからは減速し経済成長減速への警戒感があります。

SBIFXトレード
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す