豪準備銀行(RBA)の利下準備が進んでいる

豪準備銀行(RBA)の利下準備が進んでいる

フィリップ・ロウ豪準備銀行(RBA)総裁 利下げへの言及

  • 低い政策金利は雇用の成長を後押しし、インフレ率が目標と一致する時期を早める
  • 4月の失業率が 5.2%へ上昇したことを受けて 2週間後の金融政策で政策金利引き下げを検討する
  • 利下げをしない場合、成長率予測は低くなり、失業率も予測より高かくなる

豪準備銀行(RBA)が金融制策でより低い金利について検討することをは極めて珍しいことで、金利引き下げをもたらす可能性が非常に高いように思われます。
以前の、RBAは経済成長や失業率の安定に対して強きの観測が見だちましたが、4月の失業率の悪化や経済成長の下方修正を受けて、政策金利引き下げの検討を始めたと予想されます。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください