豪新規雇用者数/豪失業率 2月期[2019年3月21日]

新規雇用者数[2019年2月期]

[ 結果 ]
  +0.46万人  評価:ネガティブ
 (前回数値: +3.91万人  事前予想:+1.40万人)
  ※ 前回数値:3.83万人へ下方修正

 

失業率[2019年2月期]

[ 結果 ]
  +4.9%  評価:ポジティブ
 (前回数値: + 5.0%  事前予想:+5.0%)

 

ピックアップ

失業率は 2011年6月以来の最低水準まで低下しました。
失業率の低下は、仕事を探す人の減少から労働参加者が減ったことが大きく影響しています。

単に、仕事を探す人が減少したために失業率が減少しているため、長期的に経済の成長に大きな意味をなさないと予想されます。

失業率の低下は 豪準備銀行(RBA)の政策金利引き下げを一時的に後らせることになりますが、2018年半ばから始まった小売産業・建設産業の景気減速による消費者心理の縮小や消費者物価指数の縮小により、政策金利引き下げは避けられないと予想されます。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください