豪小売売上高【2017年1月期】

豪小売売上高【2017年1月期】

[ 前月比 ]
 +0.4%   (評価:ポジティブ)
 (前回数値 : -0.5%  事前予想:+0.4)

[ トレンド推移 ] +0.2% (季節の影響を調整しない純粋な数値)

 

金額ベースの小売売上高
 [ 季節調整済み ]:257.41億 豪ドル(当月)
 [ トレンド推移 ]:257.26億 豪ドル(当月)

 

 

苦戦する豪小売売上高

残りの第1四半期2017年2月期・2017年3月期の2ヶ月間で、小売売上高の伸び率が0.5%以上あたとしても、第4四半期の実質消費の伸びは 0.9% と低く、穏やかな賃金上昇と穏やかな雇用の伸びは、今年の実質消費の伸びが、昨年の2.7%には及ばないこと予想されます。

オーストラリア国内では弱い賃金上昇が家計需要を圧迫し、記録的な低水準の賃金上昇率であるため家計の支出が増え続けることはないと予想されています。
今後不動産市場や個人消費が減速する可能性があります。
「オーストラリア経済は好調に推移していますが、国内では弱い賃金上昇が家計需要を圧迫している」と結論付けることができます。
< 参考 : 2017年豪GDPの予想 >

SBIFXトレード
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す