豪ドル週間見通し [2019年4月第4週]

豪ドル週間見通し [2019年4月第4週]

  • 週足のレンジ範囲を上へと超え上昇が続きましたが、先週は陰線上ひげが発生しているため、一旦下落の兆候がみられます。
    値動きはレジスタンスライン(B)へと進む可能性が高い傾向にあるものの、新たなサポートラインの出現を確認する必要があります。

 

[今週の週間予想レンジ]

週間の予想変動幅(ボラティリティ)は約 0.90円 〜 1.20円
先週の終値 約 80.00円に対して、約 0.90円 〜 1.20円の範囲内で上・下する状況です。

  • 約 80.00円 + 約 0.90円 ~ 1.20円 = 約 80.90円 ~ 81.20円(最大上限値)
  • 約 80.00円 - 約 0.90円 〜 1.20円 = 約 79.10円 ~ 78.80円(最大下限値)

※ 値動きが進んだ方向(トレンド)と [週間レンジ]の上限値・下限値の予想変動率(ボラティリティ)までの値とを重ね合わせて、ポジションを調整していきます。

 

今週の主なスケジュール

4月22日(月)
※ 豪市場・ユーロ市場 休場
(米) 中古住宅販売件数

4月23日(火)
(南ア) 景気先行指数
(ユーロ) 消費者信頼感
(米) 新築住宅販売件数
(米) リッチモンド連銀製造業指数

4月24日(水)
(豪) 第1四半期消費者物価指数(CPI)
(南ア) 南アフリカ経済研究所(BER)消費者信頼感指数

4月25日(木)
※ NZ市場・豪市場 休場
(日) 日銀金融政策決定会合 発表
(南ア) 生産者物価指数(PPI)
(トルコ) トルコ中央銀行(TCMB)政策金利 発表
(トルコ) 景気動向指数
(米) 耐久財受注

4月26日(金)
(NZ) 貿易収支
(豪) 第1四半期生産者物価指数(PPI)
(豪) 第1四半期輸出物価指数
(豪) 第1四半期輸入物価指数
(米) 第1四半期GDP

 

(豪) = オーストラリア (NZ) = ニュージーランド (南ア) = 南アフリカ (米) = アメリカ (欧) = ユーロ圏 (トルコ) = トルコ (日) = 日本

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください