豪ドル見通し 2017年6月2日

市場動向

米5月ADP雇用統計のポジティブな結果や主要株価の上昇などにより、主要通貨はゆるやかな上昇を展開していますが、豪ドルはゆるやかな下落を進んでいます。
これは、中国の信用格付け引き下げやオーストラリア国内の一部の州で不動産価格が下落しているため、オーストラリア経済を支えてきた不動産価格下落への警戒感などにより、豪ドルはゆるやかな下落が進んでいます。

 

本日のスケジュール

(欧) 4月卸売物価指数(PPI)
(米) 5月非農業部門雇用者数
(米) 5月失業率
(米) 5月平均時給
(米) 4月貿易収支

 

短期分析

[ 想定範囲:2時間~24時間 ]

[ 予想トレンド ]→ ゆるやかな下落

  • サポートライン : ①82円半ば ②81円後半
  • レジスタンスライン : ①82円半ば ②83円前半

(A) サポートラインまでのゆるやかな下落

(B) サレジスタンスラインまでの上昇(戻り)後の下落に注意

(C) レジスタンスライン前後の値動きに注意

 

 

日足分析

[ 想定範囲:3日~2週間 ]
[ 予想トレンド ] ・・・→ 中立

  • サポートライン : 81円台 / 80円台
  •  レジスタンスライン : 84円台 / 86円台

(A) 1.55円~2.45円の間で中立のレンジ幅

(B) 82円台のサポートライン割れを警戒へ

(C) トレンドが中立の間、値動きはサポートラインとレジスタンスラインの間で推移

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す