米 関税率引き上げを延期へ[2019年2月25日]

米 関税率引き上げを延期へ

米ドナルド・トランプ氏が最近の2カ国間の貿易協議で「大幅な進展」があったとして、3月1日から中国に対する追加関税 第3弾約2000億ドルに対して、10%から25%へと引き上げするとしていましたが、25%へとの関税引き上げを延期すると発表しました。

両国の貿易紛争は、世界経済の成長の減速を発生させたため、両国および世界にとって何ら良いことはありませんでした。
米国では貿易赤字を減らすトランプ氏のキャンペーンの要素が強かったため、米国の経済成長減速を避ける必要が優先されたと捉えられています。

金融市場への影響

中国を代表する株価指数の上海総合指数は 5.6%上昇し、中国経済への支援材料となっています。
中国へ資源輸出をしている、オーストラリアには好材料と捉えられ豪ドルは上昇しています。
※ 日経平均や為替市場では大きな反応はありませんでした

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください