米 中国への追加関税発動 [2018年7月6日]

米 中国への追加関税発動 2018年7月6日

米国が中国からの輸入品340億ドル(3兆7600)の追加関税を発動すると発表しました。
現在のとこと中国側は米国の追加関税発動に対して報復を表明しましたが、その内容に対しては言及ない状況です。

米税関当局とトランプ氏は最終的に中国製品に対して5500億ドル相当の追加関税徴収を検討するとしています。

 

中国側の関税措置

中国がアメリカから大量に輸入している 大豆、豚肉、牛肉、飛行機、車、機械、綿などをターゲットに米国の貿易制裁に対抗する可能性が高いとされ、アメリカが中国で製品を製造し世界へと販売している特定の製品の輸出を拒否し、アメリカ企業が中国で製造した製品を販売出来ない措置も検討しているといいます。

 

金融市場の反応

中国側の詳細な報復措置が発表されていないことや既に株価・為替市場は、7月6日の追加関税発動を値動きに織り込んでいたため、日経平均株価が大幅に上昇し、為替市場も安定した値動きで推移しています。
中国人民元は急速に下落し自国通貨安の誘導で追加関税による貿易収支の悪化からの打撃を防衛し、自国通貨安を順調に誘導しています。
人民元安による打撃防衛が成功しているため、いずれ中国側からの報復措置やアメリカのさらなる追加関税徴収発動よりも、中国側の防衛策を重視し、金融市場は安定した値動きで推移していると予想されます。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください