米第2四半期GDP【2017年4月期~6月期】

米第2四半期GDP【2017年4月期~6月期】

[ 前年比 ]
 +2.6%   評価:ネガティブ
 (前回数値:+1.4%  事前予想:+2.7%)
  ※ 前回数値:+1.2%へ下方修正

 

 

米国のGDPは、個人消費者支出(2.8%増)や純貿易の成長(輸出は4.1増・輸入は2.1%増)に支えられ、第1四半期と比較して大幅に経済成長が加速しています。
第2四半期の経済成長は、第1四半期の改定値1.2% のペースで成長し、衣類や家具などの消費が顕著に推移したことから個人消費が大きく拡大ことによるもです。

しばしば、米経済成長は第1四半期に低下し、第2四半期に大きく成長する傾向(また低成長の後に拡大する)があることや、コンセンサス(市場の考え/市場の合意)をわずかに下回る、年率2.6%の結果により、米ドルは下落で反応しています。

SBIFXトレード
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す