米戦略爆撃機B1Bが朝鮮半島へ

米戦略爆撃機B1Bが朝鮮半島へ

北朝鮮がICBM(大陸間弾道弾)の製造に成功し保有も確認されたため、米軍が先行抑止のために7月30日以来、再びB1B戦略爆撃機編隊を朝鮮半島で展開しています。
米軍による先行抑止力と見られますが、投資選好に対してリスク回避が進み主要通貨は対円に対して大きく下落しています。

更に、資源通貨である豪ドル、南アフリカランドは、昨日発表された 中国7月貿易収支(ネガティブ)と本日発表された中国7月消費者物価指数(ネガティブ)が中国経済の基礎的需要減少(経済減速)への警戒感から大きく下落しています。

< 参考:中国7月貿易収支 >

< 参考:中国7月消費者物価指数(CPI) >

外国為替証拠金取引の外為オンライン口座開設申込
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す