米大統領司法妨害への警戒感

米大統領司法妨害への警戒感

米大統領トランプ氏が辞任したマイケル・フリン前大統領補佐官が民間人による外交政策への違法な介入を対象として、この違法な外交政策に対して捜査をしていたコミ-FBI(連邦捜査局)長官へ捜査中止を要求し、2017年2月にコミ-FBI長官を解任したたため司法妨害(弾劾に相当)の可能性が浮上したため、金融市場では主要通貨売りへと値動きが進んでいます

 

マイケル・フリン

マイケル・フリン氏は傍受された通話記録により、キスリャク・ロシア大使との会話に他国制裁問題が発覚し、フリン氏は補佐官就任前だったため民間人であるため、が海外外交官と他国制裁について会話することは外交政策への介入禁止の法律への違法性があります。
米司法長官代行を 2016年1月27日に解任されたのサリー・イェーツ氏もマイケル・フリン氏が民間人である期間にキスリャクロシア大使と接触し他国制裁について会話したことやフリン氏の行動について警告したことを公の場で証言をしています。

参考:サリー・イェーツ氏は2017年年1月27日に、トランプ大統領による移民入国制限大統領令に反対意見を表明したため解任されています。

 

トランプ氏の解任行動に警戒感

トランプ氏は自身に不都合な事実や反対意見をする閣僚を解任しており、事実や現実をもみ消すために解任をしているとの観測が強まっています。
金融市場では米経済や世界経済の成長など経済効果優先よりも、単純に反対意見の閣僚を解任したり不都合な出来事や事実が体勢を占めるようになり、明らかにトランプ氏への実効性は低下していると予想されます。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す