米中貿易摩擦のリスク拡大 2018年6月19日

米中貿易摩擦のリスク拡大

米国の中国からの中国製の輸入品に対して 新たに10%の追加関税(2000億ドル)を適用するよう米通商代表部に指示したことが明らかになりました
米国は先週、中国からの輸入品に対して 25%(500億ドル規模)の追加関税措置を7月6日に発動すると発表し、中国が報復関税措置をとった場合は、さらに追加関税で報復すると言及してました。
金融市場は、25%の追加関税(スチールとアル:25% ミニウム:10% 関税を課す)の決定に続いて、10%の追加関税(2000億ドル)の新たな報復行動の脅威についてリスク回避が進んでいます。
主要株価指数を始めとして、主要通貨も円に対して大幅に下落しています。

中国商務省は声明で「中国は米国と貿易戦争をしたくないが、中国を脅かすような米国の近視行動のために、中国側は強く反対するしかない。 この措置は両国の利益に害を及ぼし、世界貿易を混乱させる」と発表しました。

中国は米国の貿易赤字を削減することを目指すために、約700億ドル相当の商品や製造品を購入すると発表し、今月初めに徴収額を引き下げようとした。

貿易摩擦よる報復関税は短期的な経済的影響が控えめで、両国の成長率を小幅減速させますが、不確実性とリスクの増大から、ビジネスの信頼と投資、特に国境を越えた投資に対して保守的になるため、中国、米国、その他の地域で成長に悪影響を及ぼすと予想されています。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください