日経平均・上海総合指数-株価大幅下落 [2018年7月2日]

 

 

日経平均・上海総合指数-株価大幅下落

7月6日発動を予定している、米国の中国からの輸入品に対して 25%(500億ドル規模)の追加関税措置と中国の報復関税措置を警戒して上海総合指数・日経平均株価が大幅下落しています。
人民元は記録的に最も急落している。

中国の上海総合指数は1月から 20%以上下落し、先週だけで 6%下落していますが、中国人民元は急速に下落し自国通貨安の誘導で追加関税による貿易収支の悪化からの打撃を防衛しているようにみえます。
人民元は 過去2週間で 3%下落しており、自国通貨安を順調に誘導しています。これには、中国からの資本流出をともなうため中国への投資の減少や貿易摩擦から中国企業への収益化悪化を警戒した、株価下落が進行していると予想されます。

 

中国の実体経済への影響が現れ始める

週末に発表された、中国製造業PMIPMI最新の製造業(購買担当者指数)データで、新規輸出を中心に大きく低下し、貿易摩擦に対しての警戒感が高止まりしています。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください