南アフリカ経済成長引き下げられる 2018年9月5日

南アフリカ経済成長引き下げられる

  • メリルリンチは、南アフリカ経済が2期連続でマイナス成長を記録したショック後、南アフリカ経済成長予測を引き下げました。
    2018年の経済成長を 1.6%から 0.9%へ 2019年の経済成長を 1.8%から 1.5%へ下方修正

  • ゴールドマン・サックスは、南アフリカ第2四半期GDPのマイナス成長の驚きを理由に、2018年の成長予測を 2%から 8%へ下方修正

 

経済成長予測引き下げ要素

南アフリカ財政の悪化が警戒されているため、現在の不確実性が投資を抑制するとしています。
9月4日に発表された 南アフリカ第2四半期GDPは市場に衝撃を与えました。 衝撃を与えた南アフリカのGDPは、2018年第1四半期 -2.2%減速(-2.6%へ下方修正)、2018第2四半期 -0.7%減速し、南アフリカ経済の景気が後退していることを示したことです。
南アフリカ国内需要の減速と農業生産の急激な縮小が主に経済減速の要素となっています。

さらに、南アフリカが景気後退しているにもかかわらず、南アフリカ準備銀行(SARB)が政策金利を据え置きし続けていることや、9月20日の政策金利発表では金利を据え置くと予想されているため、メリルリンチとゴールドマン・サックスは南アフリカ経済成長を下方修正しています。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください