中国貿易収支と貿易戦争 [2018年5月期]

中国貿易収支 [2018年5月期]

  • 米ドルベース
    [ 結果 ]
     +249.2億USD  評価 :ネガティブ
     (前回数値:+287.8億USD  事前予想:+332.5億USD)
    ※ 前回数値:+283.0億USDへ下方修正

 

  • 人民元ベース
    [ 結果 ]: +1565.1億元 評価:ネガティブ
     (前回数値 : +1828.0億元  事前予想:+2220.0億元

 

 

 

輸出比率:輸入比率(USD) 

[ 輸出比率(%) ]: +12.6%  評価 : ニュートラル
 (前回数値:+12.9%)

[ 輸入比率(%) ]: +26.0%  評価 : ポジティブ
 (前回数値:+12.5%)

 

サマリー

引き続き、3月期から中国の国内需要(消費やインフラ設備)が増加傾向へと転じ、この内需増加のために天然ガスなどの輸入が急激に増加しています。
中国国内では2月期に一時的に減速した需要(消費やインフラ設備に資源などの輸入量が必要)が3月期から再度拡大しているため、中国の国内需要と海外からの需要は増加し、基礎的な需要は強化されています。

 

ピックアップ

米・中貿易摩擦に揺れている中国から米国向け輸出・輸入は、輸出[前年比]+12%増加 輸入[前年比]11%増加し、貿易収支は+245億ドルの黒字へと、[前年比]12%増加しています。
互いの企業と企業が利益最大化のために中国から米国へと輸出が増加していることは、中国と米国の企業には有効的であることになります。

米国と中国がお互いに追加関税をかけると、中国から米国向け輸出・米国から中国向け輸出が減少するため、お互いの企業競争力の低下や消費の減少が見込まれ、特に中国から安価に物を輸入している米国では、物の価格上昇にともなう個人消費の減少と企業利益の減少や、米国の中国向け食糧資輸出が減少し米国の農業産業にも大きな打撃となります。

※ 米国は中国からの鉄鋼・アルミなどの輸入に対して、中国は米国からの食糧資源に対して、関税を上げるため、そうほうの産業に打撃が発生する

中国と米国そうほうに不利益な追加関税は、中国の米国に対する貿易赤字の縮小が解決の突破口となりますが、今のところ米国の赤字縮小は期待できない状況下にあります。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください