中国貿易収支【2017年10月期】

中国貿易収支【2017年10月期】

  • 米ドルベース
    [ 結果 ]
     +381.7億USD  評価 : ポジティブ
     (前回数値:+419.9億USD  事前予想:+391.0億USD)
     ※ 前回数値、+286.1億USDへ上方修正

  • 人民元ベース
    [ 結果 ]: +2544.7億元 評価:ポジティブ
     (前回数値 : +1930.0億元  事前予想:+2804.5億元

 

 

 

輸出比率:輸入比率(USD) 

[ 輸出比率(%) ]: +6.9%  評価 : ネガティブ
 (前回数値:8.1%)

[ 輸入比率(%) ]: +18.7%  評価 : ネガティブ
 (前回数値:17.2%)

 

 

中国貿易収支の現状

輸出・輸入ともに 9月期よりも低下しましたが依然として、中国国内の工場やマンションなどの固定資産投資、道路などのインフラ投資は安定しています。
2015年初旬から2016年半ばまでの約1年半の間、貿易比率・輸入比率ともにマイナス圏で推移していたことからも、現在のプラス圏の推移は安定的と捉えることができます。
中国国内での内需は、PPI(生産者物価指数)と関連性が深く、現在の中国PPIが2016年初旬から上昇し始め、2016年半ばにマイナス圏からプラス圏へと大きな改善をとげており、この中国PPIが2017年から高い水準で安定的に推移しているため、今回の中国貿易収支も中長期的な視点では安定していると予想されます。

※ PPI
PPI(生産者物価指数)の上昇は、家計や企業に必要な商品/製品の製造が成長し始め需要と供給の原則から現在量価格が上昇しているため、物や製品が売れていることを意味しています。
さらに、中国国内の不動産価格の上昇など中国国内の製造業の成長から中国国内の製品製造の生産活動による内需は成長し始めていることになります。

< 参考:中国消費者物価指数(CPI・PPI) 【2017年9月期】 >

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す