中国経済拡大感強まる[2019年4月17日]

中国第1四半期GDP

  • [ 前年比 ]
     6.4%   評価:ポジティブ
    (前回数値:+6.4%  事前予想:+6.3%)

  • [ 前期比 ]
     1.4%   評価:ネガティブ
    (前回数値:1.5%  事前予想:1.4%)

 

中国鉱工業生産【2019年3月期】

[ 前年比 ]
  +8.5%   評価:ネガティブ
  (前回数値:+5.3%  事前予想:5.9%)

 

中国小売売上高【2019年3月期】

[ 前年比 ]
  +8.7%   評価:ネガティブ
  (前回数値:+8.2%  事前予想:8.4%)

 

ピックアップ

中国の経済成長は 6.4%で安定成長するにとどまりましたが、鉱工業生産は 8.5%へと急上昇を記録し、小売売上高も 8.7%へと事前予想と前回数値を上回りました。
さらに、不動産投資は 11.8%増加しています。これは、物価が上昇したことを示す有効なデータの結果です。
※ 不動産建設には多くの資源や雇用を必要とするため物価上昇へとつながります

4月12日に発表された、中国貿易収支の拡大は鉱工業生産の急上昇と一致しているだけに中国政府から企業への融資が加速し、一時的な経済拡大ではなくはやがて中国経済は拡大へと向かう可能性が高くなっています。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください