中国消費者物価指数(CPI・PPI) [ 2017年12月期 ]

中国CPI(消費者物価指数)【2017年12月期】

[ 前年比 ]
  +1.8%  評価:ややネガティブ
 (前回数値: + 1.7%  事前予想:+1.9%)

 

生産者物価指数PPI【2017年12月期】

[ 前年比 ]
  +4.9%  評価:ややネガティブ
 (前回数値: +5.8%  事前予想:+4.8%)

 

中国経済動向

  1. 中国消費者物価指数(CPI)は、1.8% 台と低水準で推移し、生産者物価指数は 4.9% 台へと 5% を割り込んでいます。
    現在中国では過剰な建設投資抑制や環境汚染対策のための工場生産停止などに取り組みを強化しており、その効果が出始めています
    そのため、建設産業や工業(工場)関連に関わる雇用と消費が失われ個人所得や中国の消費など減速が見られます。

  2. 工場生産停止は主に資材不足をまねくため原料価格は値上がりしますが、建設産業や工業(工場)関連に関わる雇用と消費が失われれると、食品・外食を含めた食品に対する購買が減速し、食料品産業や小売産業に対する物を生産する生産側の製造に必要なエネルギー価格、加工費、原材料、製造設備など製造による原材料価格変動も下がります

  3. 中国PPIは、一旦上昇傾向は終息し、今後低下傾向へと向かう可能性が高いと予想されます。
    中国国内の不動産市場や中国国内の製造業の成長に対して中国国内の生産活動による内需成長低下を警戒
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.