中国消費者物価指数(CPI・PPI) 【2017年9月期】

中国CPI(消費者物価指数)【2017年9月期】

[ 前年比 ]
  +1.6%  評価:ニュートラル
 (前回数値: + 1.8%  事前予想:+1.6%)

 

生産者物価指数PPI【2017年9月期】

[ 前年比 ]
  +6.9%  評価:ネガティブ
 (前回数値: +6.3%  事前予想:+6.4%)

 

 

中国経済動向

PPI(生産者物価指数)は、+6.3%から +6.9%へと市場予想/前回数値を上回るポジティブな結果となりました。
PPI(生産者物価指数)は、物を生産する生産側の製造に必要なエネルギー価格、加工費、原材料、製造設備など製造による原材料価格変動の視点でみた製品の価格となります。

中国の国内需要(インフラ設備・不動産建設)が増加傾向にあり、商品/製品製造に必要な原材料価格が上昇し始めていることを示しています。

先日発表された中国9月貿易収支で輸入量からも、中国国内の需要(特にインフラ設備・不動産建設に資源などの輸入量が必要)が拡大していることを示しており、中国の基礎的な需要は強化されてるとになります。
中国の基礎的需要強化がされている反面、個人消費などは年々徐々に減速している側面がありますので、中国の経済動向は消費よりもインフラ設備・不動産建設を中心とした成長がであって、個人消費など総合的判断では経済減速の可能性を秘めている危険がある状況下です。

※ 中国貿易収支【2017年9月期】

PPIの上昇は資源消費の拡大と捉えることで国内需要(インフラ設備・不動産建設)が増加傾向にあり、商品/製品製造に必要な原材料価格が上昇し始めていることを示しています。

SBIFXトレード
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す