中国主要産業減速へ [2018年6月14日]

中国鉱工業生産【2018年5月期】

[ 前年比 ]
  +6.8%   評価:ネガティブ
  (前回数値:+7.0%  事前予想:7.0%)

 

 

中国小売売上高【2018年5月期】

[ 前年比 ]
  +8.5%   評価:ネガティブ
  (前回数値:+9.4%  事前予想:9.6%)

中国固定資産投資【2018年5月期】

[ 前年比 ]
  +6.1%   評価:ネガティブ
  (前回数値:+7.0%  事前予想:7.0%)

 

ピックアップ

中国の経済は、工業、建設、小売業の主要指標が減速スピードを速めています。
インフラ支出の主要部門である固定資産投資は、国家統計局が1996年にこの統計を開始して以来、最も遅いペースの成長で、小売売上高も過去15年間以上で最も遅いペースのスピード落ち込んでいます
中国では過剰な建設投資抑制や環境汚染対策のための工場生産停止などの取り組み強化や投資抑制対策で、民間セクターの不動産投資や製造業の減速、製造業の減速からインフラ設備への投資に減速へと転じ始め、建設産業や工業(工場)関連に関わる雇用と消費が失われ個人所得や中国の消費など減速が見られます。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください