中国が米国債購入の用意があると言及

中国が米国債購入の用意

「中国は米国債を購入する予定がある」との報道観測を受けて、米国債が買われたため米国債利回りは急低下しています。
米長期金利(米10年国債利回り)の低下は、米金利差を意識した米ドル買いから売りが優勢であることになります。
(米金利低下→米ドル金利→薄れる→米ドル売りへ)

米政策金利上昇と米景気上昇を見込んだ、国債売りで国債利回りが上昇を続けていましたが、ここにきて国債市場でも売られていた国債の買い戻しが発生したため、国債が買われたため利回りは低下し、米金利差を意識していた投資マネーが短期的に縮小しています。

先日も米雇用統計発表後に米長期金利(米10年国債利回り)が急低下し、金利差を意識した米ドルのみが急落する場面がありましたが、要素がよく似た傾向にありますが、今回は主要通貨全体を巻き込んだ下落になっているため、投資選好から投資後退へと進んでいる傾向が強く見られます。

(国債→買われる→国債価格上昇→逆に利回り→低下→金利差が縮小へ)

SBIFXトレード
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す