リスクセンチメント拡大

 

リスクセンチメント拡大

アメリカが中国への追加関税 第4弾を表明した直後から 米ドルは3円前後下落、豪ドルは2.50円前後、ユーロは2円前後下落しています。
新興国では下落幅は小さく見えますが、南アフリカランドは 5%以上、トルコリラは 3%以上、メキシコペソは 5%下落しています。
リスクセンチメントが拡大していることが鮮明です。

アメリカは追加関税 第4弾の関税率を 10%と表明していますが、さらなる拡大の余地があります。
この点が非常に重要で、株価下落・円高の大きな要素となります。

投資されていた資金は国債へ急速に流れこみ、独の長期国債利回りは過去最低の マイナス0・5%台まで下落し、日本国債利回りも0.18%まで下落するまでリスクが拡大しています。
今後も急激な値動きの変動には注意が必要となります。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください