ムーディーズ 「南アフリカの信用格付け改善する見通し」

ムーディーズ 「南アフリカの信用格付け改善する見通し」

信用格付機関であるムーディーズは、南アフリカの与党アフリカ民族会議(ANC)の党首に選出され、新たなリーダーシップを賞賛し、南アフリカ(SA)格付けの改善見通しが進むと言及しています。
政権与党アフリカ民族会議(ANC)の党首に選出されたため、2019年には大統領に就任する公算が高くなりました。
2009年から就任している大統領ジェイコブ・ズマ氏の政権下では腐敗や金権政治が横行したため、経済成長が低迷していましたが、新たな大統領候補の選出に、今後南アフリカ経済が正常に戻るとの観測が強くなっています。

一方で、新しく選出されたANCの大統領シリル・ラマフォサ氏の狭い勝利は、約束改革を実施する能力を制限する可能性があると警告した。

シリル・ラマフォサ氏掲げる経済方針は、明らかにされた南アフリカの弱点に対処し始める幅広い改革の優先事項であると。ムーディーズ明言しています。

 

シリル・ラマフォサ氏掲げる経済方針

シリル・ラマフォサ氏掲げる経済方針、成長を促進、財政規律、負債の軌道を安定させるバランスのとれたマクロ経済政策が含まれる。
信頼できる理事会とCEOの任命による国有企業の統治への改革・現状の腐敗を排除する新しい指導者の任命を含む法執行当局のような主要国家機関の強化、内閣の規模を縮小し、政権の重要な役職に任命することによる公的ガバナンスの改善。
この主要セクターへの投資を促進、特に町や農村部に重点を置いた教育の改革などがあげられます。
「改革の一部、特に財政の安定性や国有企業のガバナンスについても迅速に実施することで、投資、成長を促進する可能性が高まった」と、ムーディーズは言及しています。

※ ジェイコブ・ズマ氏の政権下では金権政治を始めとして腐敗政治とそれにともなう経済低下をまねいていたことになります

 

南アフリカの経済予想(ムーディーズ)

ムーディーズは「今後3年間で年間南アフリカGDPが 1% 上昇が見込まれており、今までの数多くの南アフリカへの信用アプローチへの弱点は対処され、ビジネスの信頼、投資および成長を促進する可能性がある」と意欲と能力を評価を表明しています。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す