フランス大統領選挙結果 【2017年5月8日】

フランス大統領選挙結果

フランス大統領選挙で、エマニュエル・マクロン氏がマリネ・ルペン氏に対して決定的な勝利を収めた後、分裂したフランスを結束させると発表した。
事前の世論調査通りの結果に終わり、金融市場への影響は限定的となっています。

※ 獲得投票:マクロン氏は66%の得票率を獲得し、ルペン氏の33%に対して大差で勝利をしています

 

欧州連合(EU)に残留を第1に掲げ、公共部門の人員を12万人削減、政府支出を600億ユーロ削減、労働基準法を緩和、失業率を7%未満に下げるとの公約をし、国民の経済的側面を優先する方針に重点を置いています。
ルペン氏は欧州連合(EU)離脱や移民入国の制限など保守主義を前面にし、経済的効果ではなくフランス人の民族意識をあおる経済的側面を減速させる方針に重点を置いてきました。

フランス経済の側面を優先したマクロン氏の勝利は金融市場では歓迎されるとともに、事前の世論調査でルペン氏に40%前後のリードを維持してきたため値動きには限定的となっています。
更に、欧州ではマクロン氏勝利は事前に織り込み済みで、欧州ではマクロン氏の今後の政策に注目が集まっていました。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す