ビットコインの脅威

ビットコインの脅威

2017年4月、日本は金融庁の監督下でビットコインを合法化し、デジタル通貨交換の法律を制定しました。
韓国でもビットコインを正式に合法化し、現在この新しい資産クラスの規制枠組みに取り組んでいます。
2016年9月時点で、中国はビットコイン取引量の 92% を占め、日本は 12% 、韓国は 0.4% でしたが、中国政府が中国国内での取引禁止、中国国内の取引所の閉鎖を始めとして、その他の規制も導入したため、現在中国がビットコインを存在しないため、ビットコインの取引量は日本が 50%、韓国が 6% となっています。
ビットコインの取引量の 50% を日本が占めたため、日本勢特有の買い圧倒的に優勢へと傾いています。ビットコインは、約111万円(約1万ドル)まで上昇しています。
日本勢が資産保有のビットコインを決済し現金化するときに、長期暴落が始まると予想され、脅威となります。
(日本では投資=長期保有による資産保有の考えが強く買いバイアスが強い)

 

ビットコイン先進国カナダ

カナダではビットコインETF(上場投資信託)開始申請をカナダ企業進めており、この申請を受理されると、世界でいち早くカナダでビットコインETFが市場に流通する可能性があり、ビットコインは決済手段以上に投資対象となります。
カナダではビットコインを含む仮想通貨関連の金融商品を提供するFirst Block Capital Inc.を資産運用会社が承認設立されており、仮想通貨を直接取引するのではなく、ビットコインを含むファンドに投資する新たなファンドが既に存在します。

カナダでは2005年からカフェで決済手段が始まっていましたが、2013年にはビットコインATM(Robocoin)が設置りようされており、決済手段としては使われていましたが、決済手段としての使用量ではなく投資目的の取引量が増加し、その筆頭に日本が 50% を占めているため買い心理の強い日本勢がビットコインの価格をつり上げていると予想されます。
(日本では投資=長期保有による資産保有の考えが強く買いバイアスが強い)

 

中国の取引停止を理解しても意味がない

日本が取引量の 50% を占めていることやカナダでの投資目的 ETF(上場投資信託)の申請などが大きくビットコインを上昇させています。そのため、中国でのビットコイン取引禁止は値動きに対して重要な要素ではなく、その停止理由を知ること自体に大きな意味をなさないことになります。

SBIFXトレード
ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す