トルコリラの弱点 2018年8月17日

トルコリラの弱点

  1. S&Pの格付け決定と米国の制裁措置との新たな脅威とS&Pの決定
    S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)は、本日金融市場のクローズ後に、トルコの信用格付けを格下げすることが予想されています。更に、トルコ市場は火曜日から金曜日まで、Eid ul-Adha(犠牲の祭典)で休場であるため、市場に混乱が発生する可能性が高くなります。

  2. トルコの企業と政府は10月に38億ドルの債券破綻に直面
    トルコ政府と企業は10月にに約38億ドルの外貨債券の返済に直面しています。
    トルコの外貨建て債務と企業や銀行の返済能力について、通貨危機が警戒が強まっています。企業の対外債務額は、トルコリラの急落により、2ヶ月間で2ヶ月間に外国からの借入金額がが25%以上上昇しています。

 

トルコリラ再度下落へ

本日発表が予定されている、トルコ信用格付けの格下げが予想されています。更に、トルコ市場は火曜日から金曜日まで、Eid ul-Adha(犠牲の祭典)で休場であるため、市場に混乱が発生する可能性が高くなるため、トルコリラは 1時間30分で 1.7円以上下落しています。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください