トルコリラ、テクニカルに沿った下落進行中 2018年8月6日

トルコリラ、テクニカルに沿った下落進行中 2018年8月6日

トルコリラは長期下落トレンドに沿った下落を続け、日足では8月22日に、5月23日と7月12日にを下限値とした三角保ち合い形成をあっさりと割り込み、三角保ち合い下放れし下落が加速しています。
テクニカル分析の長期下落トレンドに沿った途中に、三角保ち合い下放れのため下落が加速しているためで、下落加速が終息後には長期下落トレンドの上限値(レジスタンスライン)以下の値まで戻しますが、これは長期下落トレント中の一時的な戻り(上昇)と予想されます。
相当な下落の強さを示し、金融市場では売り(ショート)派優勢の流れが続いています。

<参考:三角保ち合い(クラスA)>

 

上昇要素と下落要素の捉え方

長期下落トレンド中に上昇要素が発生すると、下落トレンド中の一時的な上昇で長期的な上昇に至りません。下落要素が発生すると下落トレンド中ですので下落が加速します。
そのため、上昇要素が発生した場合の一時的な上昇は売り(ショート)ポジションの格好の標的となりますので、上昇要素が発生した場合でも安易な、新規買い(ロング)ポジションを持つことは危険性をともないます。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください